BLOG

天井裏!まるごと断熱Studio氷川台

#まるごと断熱氷川台#HEAT20#G2

まるごと断熱氷川台の天井・屋根面はどうなっているかというと
2階の天井裏に300ミリの厚さでグラスウールを吹き込んでいます
まるごと断熱の仕様では210ミリ厚と300ミリ厚の2種類

屋根の熱損失は全体の5%位 こいつの改善をするのが屋根面はこのグラスウール吹き込み

屋根天井面の断熱

事前に吹き込み厚のゲージを各所に取り付けておき、施工時の吹き込み厚さの確認をしております

吹込グラスウール厚さ300ミリ 断熱すごい!

30センチってちょうどA4の長辺の長さくらいですのですごい厚さです
こいつがバッチリ断熱性能を高めます
なお、湿気は透過するので結露の心配は無し

ブローイングマシン

ほぐしてブローイングマシンのホッパーに投入するとホースで送られます

#まるごと断熱氷川台#HEAT20#G2

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧