株式会社ナベカン
断熱工事

 

断熱やエネルギー効率化への国の取り組み補助金の活用

エネルギーをふんだんに使う時代は終わりました。
CO2削減目標達成のためには、エネルギーを大切に使い消費を少なくし、そして化石燃料を減らし再生可能エネルギーなどの割合を増やさないといけません。
化石燃料を減らし再生可能エネルギーにシフトしていく事は当然のことながら、CO2削減目標達成には使用量の削減が重要です。
そこで、国としても補助金をもうけて国家プロジェクトとして省エネを推進しています。



2024年予定補助事業


①質の高い住宅ストック形成に関する省エネ住宅への支援(仮称)(こどもエコすまい支援事業の後継事業)
②断熱窓への改修促進等による住宅の省エネ・省CO2加速化支援事業
(先進的窓リノベ事業の後継事業)
③高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金
(給湯省エネ事業の後継事業)

 

 

住宅省エネのカギは建物から熱エネルギーが流れ出ないようにすること


従来の家屋は、やかんのお湯を沸かし、冷めたら何度も温め直しているような状況です。
沸かしたお湯を魔法瓶で保管するような状況を建物にも作り出すのが、断熱工事です。
魔法瓶の中は全く冷めないわけではありませんが、熱が漏れ出るのを穏やかにし元の温度に沸かし直すのも、わずかなエネルギーで十分足りますよね。

 

 

断熱を体感できる「まるごと断熱スタジオ氷川台」を開設工事中!


この度、この大切な断熱をテーマにしたスタジオを作る事にしました。
当社が現在の場所への移転前に使用していた建物を改修し、「まるごと断熱スタジオ」を開設工事中です。
建物が外部の影響を受ける要因は、窓、屋根、壁、床、換気、隙間風、日射、輻射などたくさんあります。
今までの住宅は穴だらけのバケツのように熱を逃してしまう箇所がたくさんありますので、断熱工事でこういった逃げ道を塞いでいきます。



既存住宅改修LIXILの「まるごと断熱リフォーム」


壁:外断熱する専用パネルを建物全部に貼り、屋根裏に30センチ厚の吹き込み断熱
床下:吹きつけウレタン断熱材を使用
窓:熱を逃がさない(不活性ガス入りの2層3層)ガラスを使った複合断熱窓
その他:日射を防ぐ庇や熱交換をしながら換気を行う換気扇、消費量の少ないエアコンや給湯機などを使用