• ナベカンってどんな会社?
  • 概要・沿革・実績
  • 環境への取り組み
  • リフォームについて
  • 高齢者向けリフォームについて
  • 「住まいのアトリエ」ってこんなとこ!
  • ナベカンスタッフ紹介
  • ある現場の一日
  • お知らせ・イベント情報
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • 緊急対応・メーカー修理
  • リンク

施工事例

給水設備施工事例

採用情報

アイインダストリー

ナベカン公式Facebook ナベカン社長のブログ

ISO9001:2008認証取得

高齢者向けリフォームについて

ナベカンだから出来ること。専門のコーディネーターが、申請処理から工事までのすべてを承ります。

自宅で介護生活をするうえで改修工事が必要になることはありませんか? その工事費用は、利用者への経済的負担を軽減するため、介護保険の適用により国や地方から給付を受けることができます。ナベカンには、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案する福祉住環境コーディネーターがおりますので、面倒で難しい申請事務から工事まですべてお任せいただけます。

介護保険制度等の活用による住宅改修

対象

介護を受けられる方のご自宅で、段差の解消や、床の滑り止めや材質の変更、手すりの取り付けなど各種バリアフリー工事を行う場合は、介護保険の適用を受けることで、住宅改修費の支給が受けられます。

介護保険・住宅改修費支給

対象となる工事費用のうち20万円までが支給対象となり、その9割の金額が支給されます。(支給額の上限は18万円です。)

介護保険住宅改修工事

国の制度による介護保険の適用となった方に対して、自宅で生活する上で必要となる改修を行う工事です。

介護者のことを考えたスロープ

母が車椅子で生活しているため、玄関側から車椅子の出入りが出来るよう居間の掃き出し窓側に向かってスロープを取り付けました。 簡易式スロープでは急勾配で母が車椅子を押し切れないこと、介護する側である私達が安定したスロープを求めたことを同時に解消することができました。(U様)

介護保険住宅改修工事、
各自治体独自の高齢者自立支援事業

国の制度による介護保険が適用されない方に対して、自宅で生活する上で予期せぬ事故を未然に防ぐために地方自治体が行っている制度です。

PAGE TOPへ
株式会社ナベカン プライバシーポリシー